2009年03月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「失職:非正規労働者19.2万人 正社員も1万人超」(毎日新聞)

以下、毎日新聞・東海林智記者の記事。

厚生労働省は31日、昨年10月から今年6月までに職を失ったか、失うことが決まっている派遣などの非正規労働者が19万2061人に上るとの調査結果を公表した。3月までの失職者数は18万4347人(3月19日時点)で、前回調査(2月18日)から2万6541人増加。内定を取り消された大学生や高校生は1845人で、問題のあった2社の実名を初めて公表した。正社員でリストラされた人も、判明しただけで初めて1万人を超え、雇用悪化が全体に広がっている状況が浮かんだ。

調査は全国のハローワークなどが実施。事業所、派遣会社などへ聞き取りをしてまとめた。6月までに失職する非正規労働者の内訳は、派遣労働者が12万5339人で65.3%を占めた。期間労働者などは3万9195人、請負労働者が1万5556人、パートなどが1万1971人だった。派遣労働の比率が減少する一方、直接雇用の期間労働者やパート労働者の比率が増える傾向にある。

契約途中での中途解除や解雇は7万7861人で、期間満了の雇い止めは10万2365人。失職で住居を失った人は確認できただけで3216人(前回比131人増)だった。

都道府県別では、愛知県が3万2014人で、前回から8000人以上増加。長野や静岡、三重などとともに自動車製造関連地域の厳しさは依然変わらないままだ。

一方、正社員のリストラは、調査対象が100人規模以上のリストラに限られるが、前回調査から2529人増えて1万2502人となった。

◇内定の取り消し1845人
就職内定の取り消しは、大学生が1501人(同221人増)、高校生344人(同50人増)。今回、内定取り消し状況の確認ができた154社のうち、小松ライト製作所(大阪府)=大学生9人、高校生12人=と、ジー・イー・エヌ(北九州市)=大学生14人、専修学校生6人=の2社は、取り消した学生の雇用を確保できなかったとして社名を公表した。【東海林智】

スポンサーサイト

1,000

アクセスカウンターの数字が1,000を超えました。

おきたまユニオンの掲示板

おきたまユニオン(山形県)のホームページに、「おきたまユニオンの掲示板」のコーナーがあります。尼崎のターザンさんや、「たんばユニオン」管理人も時々おじゃましています。
その掲示板上で、「忙しいOB」さんから、お祝いのメッセージをいただきました。


武庫川ユニオンたんば支部(たんばユニオン)の結成おめでとうございます。
支部結成の準備に当たられた皆さんのご苦労に心から敬意を表します。
これからも一緒に闘いましょう!よろしくお願いします。

神戸新聞丹波版

昨日の結成大会の記事が、今朝(29日)の神戸新聞丹波版に載りました。取材に来られた敏蔭潤子記者によるレポートです。
koubesinbun

一人でも、誰でも入れる「たんばユニオン」

本日発足した武庫川ユニオンたんば支部(通称・たんばユニオン)は、一人でも、誰でも入れる労働組合です。お気軽にお電話ください。たんばユニオンの電話(FAX兼用)は、079-552-7010です。

なお、大会では以下のとおり、「たんばユニオン」の運動方針も確認しました。


兵庫県下で7番目の地域ユニオンとして発足した「たんばユニオン」は、一人でも誰でも入れる労働組合として、労働者の生活と権利を守り、労働者の社会的地位向上に向けて活動を始める。具体的には、以下の活動に取り組む。

①未組織労働者、非正規雇用労働者の組織化に取り組む。また、既存の労働組合に組織されている労働者にもサポーターとして加入をよびかけ、ユニオン組合員を拡大する。

②丹波における地域労働運動を強化するために、所属組合の枠をこえた「働く仲間の交流会」を定期的に開催する。自治体で働く臨時・非常勤の仲間や、医師不足・地域医療の崩壊の中で苦闘する病院労働者との交流も積極的に行う。

③武庫川ユニオン、ひょうごユニオンの協力を得ながら、ホットラインなど労働相談活動に取り組む。団体交渉を実施する場合は、武庫川ユニオンの全面的な指導・協力を得ながら取り組む。また、相談スタッフを養成するために、労働相談ノウハウ講座を開催する。

④労働基準法など労働法を学ぶための学習会を開催する。

⑤憲法たんば(平和憲法を守る丹波地区連絡会)に参加するとともに、「ひょうご丹波・憲法を生かす会」との連携を強め、平和憲法を守る取り組みを進める。

武庫川ユニオンたんば支部運営要綱

結成大会で決定された運営要綱は次のとおりです。

<労働組合武庫川ユニオンたんば支部運営要綱>

第1条(名称)
 この組合は、労働組合武庫川ユニオンたんば支部という。通称、たんばユニオンと称する。

第2条(所在地)
 たんば支部は、事務所を篠山市郡家897多紀労働センター内におく。

第3条(組織)
 たんば支部は、篠山市、丹波市及びその周辺に働くすべての労働者及び、居住する労働者によって組織する。

第4条(支部大会)
 たんば支部は、年1回大会を開催する。大会は、全組合員に招集し、組合員の2分の1の出席によって成立する。

第5条(支部役員)
  たんば支部に次の役員をおく。
(1)支部長(通称:たんばユニオン委員長) 1名
(2)副支部長(同副委員長) 若干名
(3)書記長 1 名
(4)執行委員 若干名

第6条(施行)
 この運営要綱は、2009年3月28日から施行する。

丹波にユニオンを結成

3月28日午後、篠山市内で、「武庫川ユニオンたんば支部」(通称・たんばユニオン)の結成大会が開かれました。大会は、ひょうごユニオン、ユニオンあしや、武庫川ユニオン、憲法たんば(平和憲法を守る丹波地区連絡会)など多くの来賓を迎えて、午後1時半過ぎから開かれ、予定した議案がすべて原案どおり採択されました。国松支部長(たんばユニオン委員長)、川崎書記長などの役員を選出して、いよいよ「たんばユニオン」が正式に発足しました。

議事終了後、上原康夫弁護士による記念講演が行われました(写真)。「働くものの権利入門」という幅の広いテーマでしたが、①日本国憲法、②労働法、③労働契約法、④労働基準法の理念、⑤労働契約の効力、⑥解雇のルール、⑦有期雇用の解雇・雇い止めのルール、⑧ワーキングプア・・・差別された労働者の出現、⑨労働組合の役割について、わかりやすく話していただきました。


たんばユニオン結成

姫路ユニオンからのメッセージ

明日の大会を前に姫路ユニオンからメッセージが届きました。ありがとうございます。

<姫路ユニオンからのメッセージ>
ユニオン結成大会、おめでとうございます。
結成に至る皆様方のご奮闘に敬意を表しますとともに、共に闘う拠点がまたひとつ拡がったことを心からお慶び申し上げます。
さて、世界的な大不況の中で、日本においても何十万人もの派遣労働者や非正規労働者がまるでボロ雑巾のように切り捨てられ、また、正規労働者に対しても賃下げや権利の剥奪が強行され、安心して働き続け、生き続けることができない世の中になっています。しかし、正規、非正規を問わず、あらゆる職場、あらゆる生活の場で、もうこれ以上がまんできないと、闘いの炎があちこちで立ちあがってきました。このような状況の中にあって、労働者の立場の立って闘う労働組合の存在と拡がりが今ほど切実に求められている時はありません。
働く者が職場の主人公として誇りが持てるような社会にしていくとともに、若者が将来に夢を託すことができ、お年寄りが安心して生活ができる世の中にしていくため、共にがんばりましょう。
最後に、貴大会のご盛会と今後のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げ、連帯のごあいさつとさせていただきます。
                                      

丹波未来新聞

丹波新聞のホームページ「丹波未来新聞」に、「たんばユニオン結成大会」の記事が掲載されました。
結成大会は、いよいよ明日です。明日の天気はどうなるでしょうか?

いよいよ明後日

26日の丹波新聞に「たんばユニオン」結成大会の記事が載りました。いよいよ明後日28日の午後1時半から結成大会です。

マガジン9条

マガジン9条」の「お知らせ」コーナーに、たんばユニオン結成大会が載りました。

いよいよ結成大会迫る

武庫川ユニオンたんば支部(通称・たんばユニオン)結成の日が近づいてきました。先日、丹波新聞の取材も受けました。26日(木)の丹波新聞に記事が掲載される予定です。
結成大会の日程は以下のとおりです。ユニオン組合員に限らず、参加は自由です。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

●とき/3月28日(土)午後1時半~4時
●ところ/篠山市・四季の森生涯学習センター 第1会議室
●記念講演/働くものの権利入門(上原康夫弁護士)

シネマート心斎橋

映画「遭難フリーター」が、4/11(土)から大阪・シネマート心斎橋でロードショー公開されるそうです!

「正社員が没落する」

角川
正社員が没落する―「貧困スパイラル」を止めろ!

著者/堤未果・湯浅誠
角川書店
発売日:2009年 03月 10日
定価(税込): 760円
新書判

「まさか自分がこんな目に遭うとは」。貧困に墜ちたとき、誰もが言う。中間層の衰退と貧困層の拡大はセットだった! 貧困問題を暴いた二人が、日米の「中流の貧困化」という本当の「現実」と「処方箋」を示す!!

<目次>
まえがき―「貧困スパイラル」を止めろ!

第一章 没落するアメリカンドリームの主役たち―社会の価値が崩れる
 転落する医師/あまりにも法外な保険料/「僕はロボットでした」という教師/転がり落ちる中間管理職/信じてきた社会の価値が根こそぎ崩れている

第二章 職と誇りを奪われるホワイトカラー―アメリカの現実
 教師さえ貧困層に転落する!/テスト用紙に広告を入れてコピー代にあてる教師/ワーキング・プアに墜ちる医師/三十分から三分に削られる診察時間/身を守るコストがあがっていく/異常な高コスト体質/歯が悪くなると、貧困層に落ちてしまう!?/サービス産業で「必要とされる人材」が変わった/気がついたらワーキング・プアになっていた!/苛酷な取り立てを受ける学資ローン/社会人生活をマイナスでスタートする若者たち/チャリティはセフティネットではない/餓死者は出ないが、生活保護まで競争になった/軍隊へと囲い込む/「もやい」にも自衛隊が勧誘に来た!

第三章 没落する日本社会の主役たち―労働者の存在が崩れる
 貧困大国ニッポン/正規も非正規も関係なく墜とされる/働く者すべてが負け組になる/小泉改革で「底辺への競争」が激化した/作られたニセの対決/厚労省そのものが「溜め」を失っている/日本型経営も崩壊する!/貧困ラインは正社員に迫っている

第四章 急速に転がり落ちる中間層―日本の現実
 若手が急速に食えなくなっている!/ホームレスになるか自殺するか/「自助努力しない人間」などいない!/「すべり台社会」では誰もが貧困に転がり落ちる/労働市場でかみ合わない世代間の会話/仕事を干され、所持金二十円となった二十六歳/「給与明細を求めない」を書かされた二十八歳/最低生活ラインの下にある貧困ビジネス/労働の質を高めなければならない/非正規を切り捨てるのは、自分の首を絞めること!/正社員も生きるのが苦しい社会になっている/異常な高コスト社会を変える!/中間層は振られた恋人をいつまでも待っている

第五章 アメリカと日本はすでに並んでいる―拡大する貧困社会
 政府は「モノ」を守らない/日本にも進出する「命の商品化」/国民を脅す段階にまできた厚労省/年次改革要望書は単純な命令ではない/年次改革要望書には「労働者」が消されてる/現実を知らない政治家/日本では餓死がすでに起こっている/アメリカのチャリティを支える合理的発想/ワーキング・プアにお金をだすのは外資ばかり/「自殺対策」には福祉事務所が出てこない/日本人のほとんどが知らない「生活保護」/制度を知らせない、使わせない国/今までの「分配の頭」を変えろ!

第六章 貧困社会は止められる―無力でない運動
 正社員にまで貧困が押し寄せる/貧困ラインに割り込む生活をする正社員/企業の姿勢が問われた世界金融危機/「自分だけは生き残れるはず」という幻想/消費者を巻き込んで運動をする/9・11以来のショック、ペットボトルウォーター事件/行政だけでなく運動も縦割りだった/アメリカの運動、思想には敗者復活がある/マスコミ内部の激しい意識格差/非正規雇用ばかりのマスコミ/できあがった「貧困」ストーリー/保護に値しない人間を作りだす、人権を値切っていく行政/当事者が語ることで時代が動きはじめた!/ニュースの役割が大きく変わってきた/裁判で七割勝っているのに、運動としての広がりが弱い/メディアを健全にしていく方法

第七章 市場にデモクラシーを取り戻せ!―「NO」と言える労働者へ
 「NO」と言える労働者になるために/自分たちの労働力は安売りするな!/私たち消費者として力を持っている/政治家を巻き込む/企業も巻き込め!/これからためされる、弁護士とメディアの役割/「税を払わない」というボイコット/楽しいメニュー(選択肢)を出し続ける!

あとがき―試されているのはオバマでなく私たちだ

今日は、神戸も寒かった

今日は昼から神戸で集会がありました。「第8回兵庫たたかう仲間の集会」という名の集会でした。「兵庫の労働者大会」にしようという主催者の想いで始まった集会も、今年で8回目となりました。
神戸に向かう途中、霰(あられ)のようなものが降っていました。それぐらい寒い一日でしたが、会場の中は熱気でちょっと暑いぐらいでした。以下は、「武庫川ユニオン・奇跡の女神」からの引用です。
神戸集会


第8回兵庫たたかう仲間の集会が神戸で開催された。武庫川ユニオンからは30人が参加。ユニオン音楽隊でオープニング。日本郵便非正規ユニオンがユニオン加入の経過と成果を小劇で発表し、初々しい感動を与えた。他にはユニオンあしやのハートフル福祉公社の不当労働行為との闘い。正社員なのに時間給900円に怒りが爆発した姫路ユニオン・タイヨーデンシ分会の闘い。三菱重工を相手に地位確認を求め立ち上がったはりまユニオンの仲間、中国人研修生実習生の未払い残業手当を求め立ち上がった神戸ワーカーズの仲間など、兵庫で新たな働く者の反撃が始まっていることを実感した集会となった。今年の集会にははじめて団結集会実行委員会の青年たちも参加した。自治体関係の労働者たちだったが、今日の集会の感想を聞いてみたいと思う。集会後は約1時間デモ行進を行い、元気いっぱい労働組合をアピールした。最後まで頑張った日本郵便非正規ユニオンの組合員が「はじめてデモ行進に参加しました。おもしろかった。まだ劇ではちょっと悔いが残るのでリベンジのチャンスを下さい」と嬉しいことを言ってくれた。私たちがめざしてきた参加して元気の出る集会にはなったと思う。

地域ユニオンとっとり

地域ユニオンとっとり(鳥取県)が「フツーの仕事がしたい」上映会を行うそうです。
上映会のご成功を祈ります。

<「フツーの仕事がしたい」自主上映会>
2009年3月18日(水)18:00~
●ところ/鳥取県民文化会館 第4会議室
●参加費/500円(高校生以下無料)
●お問い合わせ/地域ユニオンとっとり内・映画「フツーの仕事がしたい」上映実行委員会 
 0857-24-4270

第8回兵庫たたかう仲間の集会

今度の土曜日(14日)に、神戸で「たたかう仲間の集会」が開かれます。毎年この時期に開かれています。今回で8回目です。

<第8回兵庫たたかう仲間の集会>
●3月14日(土)午後1時半~
●神戸港湾中央労働者福祉センター3階(三宮駅下車、みなと病院西隣)

「遭難フリーター」公開迫る

映画「遭難フリーター」がいよいよ3月28日から東京で劇場公開されます。


派遣切りホットライン

3月6日(金)、7日(土)の二日間、県下一斉の「派遣切りホットライン」が行われます。
昨年11月につづいて、丹波篠山でもホットラインを設置します。
受付時間は、両日とも10時~18時です。
電話番号は、079-552-7010。



以下、ホットラインの呼びかけ文です。

1986年(昭和61年)労働者派遣法が施行され、その後、規制緩和によって派遣労働者数は381万人(2008年12月26日発表)へ急増し、6兆円を越える産業となっています。

失業する自由度が高い派遣労働
急速な景気減速のなか、自動車などで「派遣切り」が相次ぎ、社会問題となりました。期間の途中で契約が打ち切られ、寮からも追い出される。過酷な労働条件で働かされる派遣労働者の姿がテレビで報道されています。
“自由度の高い働き方”と言われる派遣ですが、年収291万円(厚労省05年調査)、月収20万円程度(多くは交通費込み)では、常に契約が切れないよう仕事を見つけておかなければならなりません。

派遣法の抜本改正を! 
派遣先の横暴、ダンピングによる賃金ダウン、違法な事前面接、偽装請負、中途解約、細切り契約、そしてワーキングプアーの温床とも言うべき日雇い派遣など、人権無視、使い捨て雇用を許さないためには派遣法の抜本改正が必要です。
派遣切りや契約打ち切りから、正社員切りまで雇用トラブルが深刻化する年度末。ひとりで悩まずお近くのユニオンへご連絡下さい。解決方法を一緒に考えていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。