2009年04月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「労働基準法入門」テーマに公開学習会

たんばユニオン公開学習会の開催要領が決まりましたので、お知らせします。どなたでも気軽に参加できます。

●とき/6月2日(火)午後6時30分~
●ところ/四季の森生涯学習センター・大会議室
      (篠山市網掛429、電話079-594-1180)
●テーマ/労働基準法入門
●講師/福井 敏光さん(社会保険労務士)
●参加カンパ/500円
●主催/武庫川ユニオンたんば支部(通称・たんばユニオン)
●協賛/憲法たんば(平和憲法を守る丹波地区連絡会)、ひょうご丹波・憲法を生かす会 
●問い合わせ/079-552-7010

★なお、学習会終了後、会場で労働相談を受け付けます!
スポンサーサイト

6月2日に公開学習会

5月下旬に予定していた「たんばユニオン公開学習会」ですが、都合により、6月2日(火)に開催することになりました。
詳細は未定です。

たんばユニオン公開学習会

たんばユニオン結成大会での記念講演(働くものの権利入門)に続いて、たんばユニオンは5月下旬に公開学習会を開くことになりました。昨夜の第1回執行委員会で確認しました。テーマは「労働基準法入門」の予定です。詳細が決まり次第、お知らせします。

「朝日ジャーナル」復活?!

朝日ジャーナル
朝日ジャーナル」が創刊50年で、「怒りの復活」をしたそうです。
週刊朝日の緊急増刊号(4月30日)として、14日に発売されたとか。
定価:490円(税込)

映画「遭難フリーター」を観る

大阪・シネマート心斎橋に行ってきました。4月11日から公開されている映画「遭難フリーター」をやっと観ることができました。観客は私を入れて6人ほどでした。主人公が一人で夜中に20キロメートル以上、雨降る東京を歩き続けるシーンは、観ていてちょっとしんどかったです。
週末に東京でくたくたになるまで働いても、宿に泊まるお金がないという現実は、どう考えても矛盾しているように思えて仕方がありません。
いよいよ5月1日までです。
●4月18日~24日 10:00/15:40
●4月25日~30日 10:00/13:30
●5月1日 10:00


シネマート心斎橋

働く者の権利入門(7)

有期労働者の解雇・雇止めのルール

●期間中の解雇
 やむ得ない事由がある場合でなければ労働者を解雇できない(労働契約法17条1項)

●雇い止め
 ①実質的に期間の定めのない契約と異ならない場合(東芝柳町工場事件、最判昭和49年7月22日)。
 ②期間の定めのない契約と同視できないが、雇用継続につき労働者の合理的期待がある場合(日立メディコ事件、最判昭和61年12月4日)
  →解雇権濫用法理の類推適用
   客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当と認められない場合は、権利の濫用に当たり無効

働く者の権利入門(6)

解雇のルール 

①解雇のルール(労働契約法16条)
「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」
 
合理的理由 
 ア.労働者の労務提供不能、労働能力の喪失、勤務成績不良、長期欠勤、経歴詐称
 イ.労働者の規律違反行為
 ウ.「経営上の必要」(「整理解雇の4要件」で制限)
 
②解雇の制限(労働基準法第19条)
 ア.業務上の負傷、疾病の場合に、休業する期間とその後30日間は解雇できない。
 イ.産前産後休業の期問中とその後30日間は解雇できない。
  そのほか
 ウ.男女雇用機会均等法
 エ.育児・介護休業法
 オ.労組法
  で解雇が制限、違法となる場合がある。

③解雇の予告(労働基準法第20条)
 労働者を解雇しようとする場合は、少なくとも、30日以上前に予告するか、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。
 ※例外  解雇の予告の除外(労働基準監督署長の認定)
    天災事変で事業継続不可能
    労働者の責に帰すべき事由

④特例 解雇予告、解雇予告手当なしで解雇することが出来る者
  日々雇用の者
  2か月以内の期間の契約の者
  季節的業務に4か月以内の期間契約の者
  試用期間中の者

働く者の権利入門(5)

労働契約の効力について 
①労働基準法違反の契約(労働基準法第13条)
 労働基準法に定める基準に満たない労働条件は無効であり、無効の部分は労働基準法に定める基準が適用される。
 
②就業規則違反の契約(労働契約法12条)
 無効。無効となった部分は、就業規則に定める基準による。
 
③就業規則が、法令又は労働協約に反する場合(労働契約法13条)
 効力は認められない。

 * 就業規則による労働契約変更の可否(労働契約法9条、10条)
   原則・・・労働者との合意なしには変更不可
   例外・・・変更後の就業規則を周知し、内容が合理的なものは、OK

第1回執行委員会

武庫川ユニオンたんば支部は、結成後初めての執行委員会を4月24日(金)夜に開く予定です。場所は未定。結成後の活動について話し合います。

スーパーニュース アンカー

4月2日夕方、関西テレビの「スーパーニュース アンカー」で「遭難フリーター」が紹介されました。
「“遭難フリーター”ハケン社員が自らの漂流生活を映画に…」という特集でした。


働く者の権利入門(4)

労働基準法の理念

●労働条件の原則(第1条)
  
①労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。

②この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。

●労働条件の決定(第2条)
  
①労働条件は、労働者と使用者が対等の立場において決定すべきものである。
  
②労働者及び使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を遵守し、誠実に各々その義務を履行しなければならない。

●均等待遇(第3条)
  
使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしてはならない。
 
●男女同一賃金(第4条)
  
使用者は、労働者が女性であることを理由として、賃金について、男性と差別的取扱をしてはならない。

働く者の権利入門(3)

労働契約法

●労働契約の原則(3条)
  
 ①労使対等決定の原則

 ②均衡考慮の原則

 ③ワーク・ライフ・バランスの原則
 
 ④信義則・権利濫用法理の確認

●労働者への安全の配慮(5条)

「派遣村~国を動かした6日間」

派遣村
毎日新聞社から「派遣村~国を動かした6日間」という本が出ました。編集は、年越し派遣村実行委員会。価格は、1,575円(税込み)です。


湯浅誠、宇都宮健児、東海林智ら派遣村実行委員、村民とボランティア、そして雨宮処凛ら熱い連帯者が、派遣村で何が行われたかを内部から報告。人間の尊厳を奪う貧困の現実と、派遣村に萌芽した新しい社会的連帯の可能性を浮き彫りにする。

「遭難フリーター」続報

「遭難フリーター」が4月11日から大阪・シネマート心斎橋で公開されることはすでにお知らせしましたが、4月18日以降の上映予定がわかりました。

  4/11~4/17   12:00/15:15/18:30
※4/18~5/1  10:00/15:40

なお、4月下旬から京都みなみ会館でも公開予定です。


働く者の権利入門(2)

労働法

労働契約法/2008年3月1日施行 合意の原則と労働契約の基本事項を定める

労働基準法/賃金、労働条件の最低基準(契約自由を規制する法律)

職業安定法/職業紹介に関する法律

労働者派遣法/派遣労働関係の法律

最低賃金法/地域、産業別に最低賃金を決定する

育児休業・介護休業法/育児、介護による休業についての法律

男女雇用機会均等法/性による雇用差別を規制する法律

労働安全衛生法/労働者の労働安全衛生を確保、労働災害の防止

労働者災害補償保険法/業務上、通勤による負傷、疾病、障害、死亡に対する保護、保険給付

雇用保険法/失業、退職の場合の失業手当の支給など

厚生年金法/労働者の老齢、障害、死亡などの補償、保険給付

健康保険法/事業所に働く労働者の傷病、疾病、出産の場合の医療給付、手当金

労働組合法/団結、団体交渉、争議権(ストライキ)の擁護のための法律

入国管理及び難民認定法/外国人の入国、在留の基本事項

働く者の権利入門(1)

すでにお伝えしたとおり、たんばユニオン結成大会で上原康夫弁護士から記念講演をしていただきました。タイトルは、「働くものの権利入門」でした。復習の意味で、上原弁護士の講演レジュメを少しずつ紹介していきたいと思います。第1回目は、「日本国憲法」です。


日本国憲法
第25条 生存権 
①すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
②国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

第27条 勤労の権利及び義務、勤労条件の基準、児童酷使の禁止
①すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
②賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
③児童は、これを酷使してはならない。

第28条 勤労者の団結権
勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

「遭難フリーター」4月11日(土)ロードショー

sounan
映画「遭難フリーター」がいよいよ大阪で劇場公開されます。
4月11日(土)~17日(金)、シネマート心斎橋。17日以降は未定。
上映時間は、12時、15時15分、18時30分の3回。
以下、シネマート心斎橋のHPより引用。


いま一番リアルな青春映画『遭難フリーター』の大阪公開を記念しまして、公開初日(4/11)に監督・主演をつとめた岩淵弘樹さんによる舞台挨拶が決定しました。この映画を作るに至った経緯や、いま派遣社員の人たちが置かれている現状など、語っていただきます。

日時:4月11日(土) 12:00/15:15/18:30各回の上映終了後(約15分・予定)
登壇者:岩淵弘樹さん(監督・主演)

チケット情報:当日朝より、劇場チケットカウンターにて販売いたします。
チケット料金:
一般:1400円/大学生:1300円/高校生:800円/中学生以下:500円
シニア:1000円 ポイントカードお持ちのお客様:1000円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。