2011年06月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.19原発にさようなら集会

「原発にさようなら集会」にお集まりください(呼びかけ)

3月11日の東日本大震災によって、東電福島第一原発は、1号炉から3号炉までが最悪事態の炉心溶融(メルトダウン)を引き起こしました。

水素爆発、工場外壁の破壊などによって、高濃度の放射性物質が、海水、大気、土壌に放出され、環境を汚染するという未曾有の大事故となりました。

2ヶ月がすぎても原子炉の暴走は収束する気配がなく、いまなお極めて不安定な状況がつづいています。これまでの放射性物質の拡散量だけでも、地域の住民と労働者ばかりか、まだ生まれていない将来の子どもたちの健康と生命にとっても、計り知れない悪影響を与えると危惧しております。

原子力と人間の共生など、けっしてありえないことなのですが、それに気づいていながらも、私たちの批判の声と行動があまりにも弱かった、と深く悔やんでおります。

いま原発を拒否する声はさまざまな運動となって拡がっていますが、わたしたちはこれまでの怠慢を反省し、政府や財界や電力会社などが、原発推進の巻き返しにでないためにも、さらに大きな市民の力で、原発依存の生活から脱却する道をあゆみだしたい、と念願します。

わたしたちは、自然を収奪し、エネルギーを無限に浪費する生活を見直し、自然エネルギーを中心とする「持続可能な平和な社会」にむかうために行動します。その目標です。

1.新規原発建設計画の中止
2.浜岡からはじまる既存原発の計画的廃止。
3.もっとも危険なプルトニウムを利用する「もんじゅ」、「再処理工場」の廃棄。
 これらを実現して、わたしたちの生存と未来の子どもへの責任を果たします。

「原発にさようなら集会」を、つぎの要領で開催いたします。どうか皆さんでご参加ください。

 日時……2011年9月19日 13:00~
 場所……東京・明治公園
 集会規模……5万人(集会後、パレードがあります)

 2011年5月20日

 集会呼びかけ人

 大江健三郎
 内橋克人
 鎌田 慧
 坂本龍一
 澤地久枝
 瀬戸内寂聴
 辻井 喬
 落合恵子
スポンサーサイト

DVD上映会(広瀬隆講演会)終わる

「6.11脱原発100万人アクション」の一環として、篠山市民センターでDVD上映会(広瀬隆講演会)が行われました。急な呼びかけにもかかわらず、30人の市民に参加していただきました。1時間48分の長いDVDでしたが、最後まで熱心に観ていただきました。以下、感想の一部を紹介します。

●絶望的になりました。しかし、どうすれば良いかわかりません。怒りが増幅します。(丹波市)
●放射線の内部被曝の危険性がよく分かりましたが、原発にかわるエネルギーについての説明をもっと詳しく知りたかった。(篠山市)
●原発事故の恐ろしさがよく分かりました。では、次にどうしたらいいのか・・・と思ってしまいます。(篠山市)
●知れば知るほど恐ろしい。未来ある子供達を是非守っていかないといけない。(篠山市)

労働相談

本日午後、武庫川ユニオンの小西書記長に丹波市内まで来ていただき、労働相談を受けました。
相談者に出会うのは2回目でしたが、ユニオンに加入してもらい、今後一緒に活動していくことになりました。
話を聞けば聞くほど、ひどい社長で、許せない会社です!

丹波新聞

丹波新聞5日付けに「DVD上映会」の記事が載りました。

丹波新聞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。