スポンサー広告 > 労働基準法第1条
労働法 > 労働基準法第1条

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働基準法第1条

(労働条件の原則)
第1条 労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。
2 この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。


労働条件の原則は、「労働者が人たるに値する生活」を保障するものでなければならないと労働基準法は規定しています。しかし、現実には「人たるに値する生活」ができない労働者は多く存在しています。いまや3分の1が非正規労働者であり、多くの労働者が不安定雇用のもとにおかれています。「ワーキングプア」と「労基法第1条」は相容れない関係にあると思います。労基法違反が蔓延しているということでしょうか?
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。