スポンサー広告 > 「川崎重工業に団体交渉申し入れ 派遣切りをやめろ」(武庫川ユニオン)
未分類 > 「川崎重工業に団体交渉申し入れ 派遣切りをやめろ」(武庫川ユニオン)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「川崎重工業に団体交渉申し入れ 派遣切りをやめろ」(武庫川ユニオン)

以下、「武庫川ユニオン・奇跡の女神」より引用。

11月19日、川崎重工業で働く労働者たちが派遣会社丸久工業と川崎重工業神戸本社に組合結成通知と団体交渉を申し入れに行った。
武庫川ユニオンに加入したのは、日系ペルー人と日系ブラジル人10人。彼らは当初請負で08年から派遣で09年6月から派遣で働いてきた。職場は同じ。川崎重工で電車を造っている。
今回、11月15日、30日、12月15日で解雇を通告された。組合員で長い人は6年近く働いている。中には10年の人もいる。長年働かせておいて仕事が減少したと職場を追い出す。世界の川崎が働く者をこんなに軽く扱って良いのか。丸久工業だけで60人に解雇が通告されている。他にも派遣や請負の会社が入っているので、兵庫工場だけで100人を越える労働者たちが職場を追われようとしている。派遣会社によっては有給休暇もなく雇用保険にも加入していない。
私たちは、今後組合員を拡大し、派遣会社と川崎重工に雇用責任を求めていく。
今日は川崎重工本社前で、スペイン語のガンバローが轟いた。
他にも加入したいという問い合わせが来ている。
武庫川ユニオン09年年末は川崎重工との闘いとなる。
兵庫労働局に申告を本日行った。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。