スポンサー広告 > 国際オペレータ通話を守る会
未分類 > 国際オペレータ通話を守る会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際オペレータ通話を守る会

派遣ユニオン関根書記長は、昨日の講演の中で、KDDIエボルバユニオンのたたかいについても話されました。


2008年7月28日、KDDI(株)は自社ホームページにて、「国際オペレータ通話」「ジャパンダイレクト」など、 オペレータを介した国際電話サービスの提供を2010年3月31日をもって終了することを発表しました。
ダイヤル通話による国際電話が増えたとはいえ、海外での事故・災害時の安否確認や 通信弱者への通話サポートなど、きわめて公共性の高いサービスが、その代替サービスを確保しないまま、そして多くの人に知られないまま終了されようとしています。
このサービスを終了させるべきではありません。「国際オペレータ通話を守る会」は存続を求めて日々活動しています。


国際オペレータ通話を守る会」のホームページを是非ご覧下さい。

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。