スポンサー広告 > 詐欺が職業か?!
日記 > 詐欺が職業か?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺が職業か?!

今朝、NHKのBS2でNHKスペシャルの再放送をやっていました。タイトルは「職業“詐欺”~増殖する若者犯罪グループ~」。「振り込め詐欺」が社会問題になって久しいのですが、この犯罪も、雇用問題や貧困とつながっているのです。いくら、振り込め詐欺に引っかからないようにしましょうと警戒を呼びかけても、雇用問題や貧困問題を解決しない限り、被害者はなくならないような気がします。若者を犯罪者にしていく日本社会が恐ろしいと思いました。 以下は、番組の紹介文です。


「今の日本、勝ち組か負け組かどちらかですよ。この格差社会で勝とうと考えたら、振り込め詐欺が一番近道ですよ」―――詐欺師たちはカメラの前で平然とこう語った。

警察の厳しい取締りにもかかわらず一向に減らない振り込め詐欺。去年の被害額は276億円、5年間の累計では1300億円を超えた。実行犯は20代の若者がほとんどで、有名大学や一流企業の出身者も多い。詐欺を「仕事」、実行犯を「従業員」と呼び、友人、知人を“高給”でスカウトし組織化を進める。「騙される方がバカ」と悪びれず、高級マンションや外車を購入、「金こそ全て」の生活を送る。逮捕のリスクが高い犯行は、安い報酬で雇った生活苦の失業者を使うなど極めて悪質だ。雇用環境が悪化する中、これまで犯罪とは無縁だった人々が「明日の生活費が欲しい」と、振り込め詐欺組織の下働きをする構図が生まれている。

若者たちはなぜ詐欺に走ったのか。その軌跡を徹底的に取材し辿っていくことによって、日本社会の抱えるいびつな病理を浮かび上がらせる。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。