スポンサー広告 > 働く者の権利入門(1)
憲法 > 働く者の権利入門(1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働く者の権利入門(1)

すでにお伝えしたとおり、たんばユニオン結成大会で上原康夫弁護士から記念講演をしていただきました。タイトルは、「働くものの権利入門」でした。復習の意味で、上原弁護士の講演レジュメを少しずつ紹介していきたいと思います。第1回目は、「日本国憲法」です。


日本国憲法
第25条 生存権 
①すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
②国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

第27条 勤労の権利及び義務、勤労条件の基準、児童酷使の禁止
①すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
②賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
③児童は、これを酷使してはならない。

第28条 勤労者の団結権
勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。